BN(ボロンナイトライド)加工

ボロンナイトライド加工ならアローズ

高融点材(モリブデン・タングステン・タンタル)を軸に一般金属からセラミックスまで『削る』・『切る』・『曲げる』・『繋げる』・『磨く』などすべてのあらゆる加工に対応しています。
切削加工
レアメタル加工フロー2

アローズの強み=高品質×低コスト

  • 海外工場からの直接材料調達
  • 国内外の最適工場での加工
  • 国内での徹底した品質管理保証

ボロンナイトライドとは

 化学的安定性が非常に優れており、高温のほとんどの溶融物に濡れたり反応することがありません。また熱的特性も優れており、熱伝導率の高さ、熱膨張係数の低さ、また熱衝撃に強いと言った特徴を持っています。基本的には絶縁材料ですが、お客様のニーズに合わせて導電性を付与することも出来ますので、お客様の使用環境により近いBNをご提案する事ができます。

BN-Aタイプ(ボロンナイトライド)

 高密度である事から部品の長寿命化にもつながります。焼結助剤を全く使用しない製造技術で、非常に安定した材料です。

BN-Aタイプ(ボロンナイトライド)の物理的特性


化学成分 BN 99%
密度 GPa >2
リーブ強度 HL 300
曲げ強度 MPa 35
熱膨張係数(25℃~1200℃) ×10-6/K -1~2.5
熱伝導率(20℃) W/m・K 50
体積固有抵抗 電気抵抗率 Ω・cm >1014
最高使用温度 空気 900℃
真空 1800℃
不活性ガス 2200℃

BN-AAタイプ(ボロンナイトライド)

 高密度である事から部品の長寿命化にもつながります。焼結助剤を全く使用しない製造技術で、非常に安定した材料です。

BN-AAタイプ(ボロンナイトライド)の物理的特性

 

化学成分BN99.5%
密度g/㎤1.55-1.65
リーブ強度HL300
曲げ強度MPa35
熱膨張係数(25℃~1200℃)×10-6/K-1~2
熱伝導率(20℃)W/m・K40
気孔率29
最高使用温度空気900℃
真空1800℃
不活性ガス2200℃

BN-Eタイプ(ボロンナイトライド)

 高密度、低熱膨張係数、高熱伝導率といった特性を持ち、半導体や電子デバイス分野の装置部品に最適です。

BN-Eタイプ(ボロンナイトライド)の物理的特性


化学成分 BN 99%
密度 GPa 2.15
リーブ強度 HL 450
曲げ強度 MPa 95
熱膨張係数(25℃~1200℃) ×10-6/K -1~2
熱伝導率(20℃) W/m・K 35
体積固有抵抗 電気抵抗率 Ω・cm >1014
最高使用温度 空気 900℃
真空 1600℃
不活性ガス 1800℃

BN-Tタイプ(導電性ボロンナイトライド)

 独自の配合と組成の最適化により、優れた耐食性と耐摩耗性を持っています。化学的な安定性と溶融金属との非反応性を有しているため、合金純度を上げることが可能です。耐酸化性が高く、グラファイトより400~500℃高い耐熱性があります。

BN-Tタイプ(導電性ボロンナイトライド)の物理的特性


化学成分 BN/TiB2/AlN
密度 GPa >3.0
弾性率 GPa 60~70
曲げ強度 MPa >150
熱膨張係数(1450℃) ×10-6/K 4~6
熱伝導率(20℃) W/m・K 100/40
体積固有抵抗 電気抵抗率 Ω・cm 300~2000
最高使用温度 真空 2000℃

POWDER(粉末材料)

ボロンナイトライド粉末
ボロンナイトライド粉末2
ボロンナイトライド粉末3
ボロンナイトライド粉末4
ボロンナイトライド粉末5
AIN
トップへ戻る
Previous
Next
Previous
Next
Previous
Next
アローズでは、レアメタル製のボルトナットを常時販売しております。
大学などの研究機関向けが多いです。
もちろん一般の企業様にも販売しております。
超極細M1のナットも対応可能ですし、六角穴付きボルトも問題ありません。
頭の形状、首下の長さをご教示頂ければすぐお見積り致します。
例)すり割り M5x6L 10本