レアメタルのすべてをサポートする会社

特性表 融点ランキング

融点ランキング

ホーム > コラム > 特性表 融点ランキング

融点とは

材料が固体から液体に変わる温度を指します。融点が高い材料は、通常、耐熱性が高く、高温環境での使用が可能です。

融点ランキング表

順位 材質名 融点
(℃)
特徴
1 熱分解黒鉛:PG 3550 高い熱伝導率と電気伝導率が特徴。電子機器の熱管理部材などに使われる。
2 タングステン:W 3380 高密度、高融点の金属で、耐熱性が非常に高い。電球のフィラメントやX線管の陰極に利用。
3 タンタル:Ta 2996 非常に高い耐腐食性を持つ金属。電子機器のキャパシタや医療用インプラントに使用される。
4 窒化ホウ素:BN 2973 潤滑性と高温での安定性が特長のセラミック。電気絶縁体や熱伝導部材に採用される。
5 熱分解窒化ホウ素:PBN 2973 熱安定性と化学安定性に優れる。半導体製造装置の部材などに活用。
6 炭化ケイ素:SiC 2700 耐熱性、耐摩耗性に優れ、高硬度のセラミック。半導体プロセスの部材や耐摩耗部品に使用される。
7 モリブデン:Mo 2620 高強度、高融点の金属。電子機器、航空宇宙、熱交換器に用いられる。
8 ニオブ:Nb 2468 優れた超伝導特性を持ち、耐腐食性が高い。粒子加速器やMRIの磁石に使用される。
9 アルミナ:Al2O3 2030 高硬度、高耐熱性のセラミック。絶縁体や耐摩耗部品、人工骨にも使用される。
10 窒化ケイ素:SiN 1900 高硬度、耐熱性、耐衝撃性に優れるセラミック。エンジン部品や耐摩耗部品に利用される。
11 鉄:Fe 1536 地球上に多く存在する金属で、磁性を持つ。建築材料や自動車の部品など非常に幅広く使われている。
12 コバール:Ni-Fe-Co 1450 熱膨張係数が低いニッケル合金。精密機器の部品やガラスとのシールに用いられる。
13 純ニッケル:Ni 1433 優れた耐腐食性と加工性を持つ。食品加工、化学工業、電池の製造に利用。
14 インバー36:Ni-Fe 1426 熱膨張係数が非常に低いニッケル鉄合金。精密機器や測定器の部品に使われる。
15 インコネル600:Ni-Cr-Fe 1370 ~ 1425 高温強度と耐酸化性が高いニッケル合金。炉のライニングや航空機エンジンの素材に適している。
16 SUS304:18Cr-8Ni 1420 耐腐食性と加工性に優れたステンレス鋼。食品加工機器や建築材料に広く使用される。
17 ハステロイ:Ni-Cr-Mo 1270 ~ 1390 耐腐食性に優れたニッケル合金。化学工業で酸や塩素を取り扱う器具などに使用される。
18 銅:Cu 1084 優れた電気伝導性と熱伝導性を持つ。電線や配管などに活用されている。
19 ベリリウム銅:BeCu 865 高強度、非磁性、良好な電気伝導性。非火花工具やスプリングに利用される。
20 アルミニウム:Al 660 軽量で錆びにくい金属。航空機の構造材料や飲料缶などに利用される。

熱分解黒鉛:PGの融点は非常に高いが、酸素がある環境では600700で酸化が起こる。

特性表 融点ランキング
トップへ戻る
アローズでは、レアメタル製のボルトナットを常時販売しております。
大学などの研究機関向けが多いです。
もちろん一般の企業様にも販売しております。
超極細M1のナットも対応可能ですし、六角穴付きボルトも問題ありません。
頭の形状、首下の長さをご教示頂ければすぐお見積り致します。
例)すり割り M5x6L 10本