モリブデン販売

モリブデン 販売
モリブデンは体心立体格子の結晶を持つレアメタルの一つです。大きな特徴はその融点にあり、金属の中で5番目に高い融点2620℃を誇ります。モリブデンはステンレスの添加剤として使用されたり、二硫化モリブデンとして潤滑材の役割を発揮することが多い金属ですが、高融点の他に熱膨張率の低さと言った優れた機械的特性、タングステンより容易な加工作業性という特徴を活かし、高温炉のヒーターやリフレクター、パワーエレクトロニクスの半導体基板、スパッタリングターゲットなど、さまざまな用途で活躍しています。

モリブデン板の取り扱い標準仕様

「業界最大級の圧延設備で製造されたモリブデン板をご提供しております。ご使用用途などのご要望に応じてクロス圧延・酸洗い・溶射といった特別な処理にもご対応しております。

板厚(mm) 最大幅(mm) 最大長さ(mm) 冷間圧延 平面研磨 ラップ研磨
0.07t 380 950
0.1t 380 1000
0.15t 380 1000
0.2t 610 2500
0.3t 610 2500
0.5t 610 2500
0.8t 610 2500
≧1.0t 610 2000

モリブデン丸棒の取り扱い標準仕様

モリブデン棒もご提供しております。最大φ1500までの焼結が可能です。

円筒研磨などお客様のご要望にも柔軟に対応しております。

径(mm) 最大長さ(mm)
Φ1.0 2000
Φ10 2000
Φ50 1000
≧φ100

モリブデンの特徴

期待できる特性

【高温耐性】

高温の環境でも安定性が高い
【高い熱伝導率】
熱の移動性が優れている
【低い熱膨張係数】
熱で体積が膨張しずらい
【優れた加工性】
加工が施しやすい

使われている分野

どんな加工ができる

よく添加する材料

モリブデンの化学成分(24667)

モリブデンの化学成分は次の表の通りです。

SiAlFeCuMgNiMnPKNaCa
0.00070.00100.00210.00030.00040.000120.00030.00020.00030.00020.0005
PbBiSnCdSCONCrMo
0.00020.00010.00020.00010.00020.00250.00300.00200.0002Ballance

モリブデンの物理的特性

モリブデンは高融点の他に、低い熱膨張係数、高い弾性率、高い熱安定性、優れた熱伝導性という特徴を持っています。タングステンと同様に高温に強く変形し難いという素晴らしい特性を持っている事から、真空工業分野において優れた特性を発揮します。そして加工作業性も容易である事から、万能材料モリブデンと言っても過言ではありません。

モリブデンの物理的特性
原子量 95.95
融点 K 2893
沸点 K 5073
密度(20℃) g/cm3 10.2
熱膨張係数 20℃ 10-6/K 5.3
20℃から1000℃ 5.8
20℃から1500℃ 6.5
比熱 20℃ J/g・K 0.25
1000℃ 0.31
2000℃ 0.44
比電気抵抗 20℃ Ω・mm2/m 0.052
1000℃ 0.27
1500℃ 0.43
2000℃ 0.6
熱伝導率 20℃ W/m・k 142
1000℃ 105
1500℃ 88
トップへ戻る
アローズでは、レアメタル製のボルトナットを常時販売しております。
大学などの研究機関向けが多いです。
もちろん一般の企業様にも販売しております。
超極細M1のナットも対応可能ですし、六角穴付きボルトも問題ありません。
頭の形状、首下の長さをご教示頂ければすぐお見積り致します。
例)すり割り M5x6L 10本